fire safety & how to

fire safety (安全な火の取り扱い)

灯したキャンドルはとてもきれいなものですが、同時に火がむき出しであったり、ガラスなどの容器に入ったものは、それらがとても熱くなっていたりするため、火事ややけどの原因にもなります。

火を扱う上で、大切なルールを守りましょう。

  • 炎のそばから離れないようにしましょう。
  • 燃え移りやすいものの近くでは火を灯さないようにしましょう。
  • 子供やペットが届かないところにキャンドルを置きましょう。

how to (キャンドルの灯し方)

灯す前に、芯が長ければ0.5cmくらいにカットしましょう。

長すぎる芯は、炎が揺れやすかったり大きくなりすぎる原因となります。

  • キャンドル用のキャンドルホルダーや受け皿を使いましょう。(耐熱性のあるもの、しっかり・どっしりしたもの、溶け出たワックスを受けられるだけの十分な大きさのあるものを使います。)
  • よく換気された部屋で使いましょう。
  • 平坦で耐熱性のある場所に置きましょう。
  • キャンドルを消すのにお水は使わないでください。(お水をかけることで、熱くなったワックスが跳ね上げたり、グラス入りキャンドルの場合には、グラスが割れる場合があります。)
  • 部屋を離れる時には、キャンドルが完全に消えて、芯にわずかな火種も残っていない事を確認しましょう。
  • キャンドルの炎を消した後、完全に冷えるまでは触ったり動かしたりしないようにしましょう。